ダラダラ過ごせる休日に幸せを感じます。

平日は朝早く起きて、子供たちの世話をしながら小学校と幼稚園に送り出し、その後私も仕事に出かけ、終わったら二人のそれぞれのお迎えをし、夕飯作って、食べさせて、お皿を片付けて、風呂入れて、部屋のお片づけして、寝かしつけして、洗濯して、明日の準備して、、、と、ものすごく目まぐるしく過ぎて行きます。
私はもともと、ものすごいたくさん寝る人で、8時間寝ないと体調悪くなるタイプでしたが、子供が生まれてからは、朝心ゆくまで、気がすむまで寝てられることがなくなりました。
でも、ごくたまに、日曜日の朝、子供たちが朝から戦隊モノのテレビなどに黙って釘付けになってくれていると、私のことを起こしに来ないので、二度寝できる時があります。そんな時、小さなことですが、とても幸せを感じます。
それでもそんなことは稀で、やはり子供たちが「お腹すいたー、早く起きてー」とか、「ままー、うんち出たからお尻拭いて?」などと起こされることが多いので、お腹すいたー対策のため、最近は休みの日の前日に、近所の美味しいパン屋さんで、翌朝子供たちが食べれるように、ミニクロワッサンを数個買っておきます。お腹すいたーと言われたら、ミニクロワッサン食べさせておいて、三度寝に突入したりします。三度寝は二度寝よりも幸せです。
どうしても休日なのに朝早く起こされてしまった時は、諦めて一度起きて、朝ごはんや洗濯、掃除などを済ました後に、アルコール分4%くらいのチューハイを飲んで一息つくことにしてます。その時についうたた寝してしまうことがあるのですが、そんな時も幸せを感じます。食べることや遊ぶこと、お風呂に入るなど色んな幸せありますが、私は寝ることがこの上なく好きなようです。
最近、洗面台だけリフォームしたので洗顔する時もちょっとした幸せ感があります。

専業主婦の小さな幸せ【買い物編】

私は4か月の息子を育てている専業主婦です。息子が小さいうえに、気温がとても高いので、息子を連れて、どこかへ出かけることがあんまり出来なくて、殆ど家で過ごしているため、気が滅入る時が多いです。ですが、どうしても出かけなければいけない時があるのです。食材・日用品の補充のために出かけることです。息子を連れて出かけるので、近場のスーパーマーケットやディスカウントストアにしか行けないのですが、そこらばかり行くので、大体の商品の値段の把握してくるわけですよ。私は新聞をとっていないので、チラシなどを見ずに向かうのです。そんな時に『この野菜、安い!』『洗濯洗剤、今回はあのお店の方が安いなぁ』など、安いもの探しをしています。家計を握っているので、必然的に安いものに目が行くのですが、なんだか宝探しをしている気分で楽しいんです。特に食材は、安いものを見つけて、これで今日の晩御飯はこれにしよう!これ使いたいから、これも買ってアレを作ろう!などを考えて、更に楽しむのです。旦那のために、美味しい晩御飯を作るのも好きなので、幸せのオンパレードなのです!そして、よく行く場所達なので、常連さんに話しかけられるのですが、そのたびに息子のことを可愛がってもらい、息子も嬉しそうで、私も鼻が高いのです。話しかけてくるのは大体おば様なのですが、おば様方からよくお菓子を頂くのです。おば様方と少しお話するのも息抜きになって、出かける時が私にとって小さな幸せが集まることなのです。明日は息子の前髪カットをしてあげて、お外に出かける事にします。

クソオヤジのやさしさ

僕は介護士として毎日働いている。介護士になって3年目そこそこ自分の技術にも自信がついてきた。まだまだ先輩たちには怒られるがそれでもひたすら我慢して今までやって来た。今日は入浴介助だ!心にそう言って張り切らないとバテてしまう。この時期の入浴介助は地獄のように汗をかく。一日に最低でも40人くらい入浴しなければならない、多いときは60人を越えることもある。その日は運良く46人しか入浴しなかった。だけど、滝のような汗と疲労で史上最高に帰りたい気持ちでいっぱいだった。入浴介助が終わり一段落するとお昼休憩になる。休憩場所に仲のいい人なんていないので車の中で食事をする。今日のおかずは揚げ物、トマト、野菜炒め、卵焼き、いつもと変わらぬメニューだ。それでも、一日の楽しみのひとつでもある。休憩の時間が終わり今度は食事介助が待っている。満腹のなか利用者様にご飯を食べていただく。食事介助は座ってご飯を食べていただくだけではなく誤嚥、誤飲などいろいろな事に注意して行っているため一番気を使う介助だ。食事介助の途中、僕はよそ見をしながら食べ物を利用者様の口の中に入れてしまう。利用者様はむせてしまった。僕は上司にひどく怒られ、怒鳴られた。僕は凄く落ち込んだ。上司にあんなに怒られたことはなかったからだ。仕事が終わり夜の19時。お腹が空いた僕はご飯を食べようとラーメン屋に入った。僕の行きつけのラーメン屋だ。ここのラーメンはほんとに美味しくこの辺りでも結構有名の店らしい。ただ店主の親父が口が悪く、態度もわるい。こんな日にあの店に行くのは少し気が引けたがあのラーメンがどうしても食べたくて店に入った。いつものように鬼の面みたいな店主が「今日は何にするんだよ」と言ってきた。僕はいつもの味噌ラーメンを頼み黙々と食べる。お会計をしようとするとまた店主が口を開いた。「いつもありがとな、今日は半額でいいわ」と。
僕は驚いて二秒くらい黙ってしまった。そのあと「ありがとうございます」といって店を出た。その時小さな幸せを感じました。いつもはストレス発散のために話し相手サービスを利用するのですが、それもしなくても気持ちよく眠れそうです。

朝食までの静かな幸せのひととき

朝、5時半起床し、まずは窓を開けると、鳥の声が聞こえて朝陽が差し込み始めます。一日の始まりを感じながら、朝食の用意を始めます。
具だくさんの野菜スープにナッツ入りヨーグルトとチーズにトースト.最後にコーヒーを入れて、できあがりです。
神棚の水を代えて、無事、朝を迎えられたことに感謝して、今日も良い一日であることを願い、心を落ち着かせます。深く深呼吸しながら、今ある静かな時間と健康である自分と自分の好きなメニューの食事がおいしく食べられることに小さな幸せを感じます
極々当たり前のこと、毎日の連続のことでありながら、子育ても終わり、日々の生活に、ゆとりが出てきたのか、何気ない日常の一コマに、幸せを感じることが多くなってきました。本当に、ありがたいことです。
人生100年時代、あと40年どうやって生きようか、まだまだやりたいことがたくさん浮かび上がってきます。イラスト依頼される仕事もやりたいし、趣味の枠も広げたい、健康でありたい、日々夢が広がるばかりです
過去は反省材料と経験を生かせるよう、常に前向きで無理をしないで、過ごしていきたいと、願って生活しています。
先ずは、朝食から。健康の元は何と言っても、食事から。これは子供のころから変わらない信条です
今日も無事に、一日が、終わりそうです
なんと幸せなことか。
自分の人生を自分を大事に、丁寧に生きていきたいです
東京オリンピックが見られたらいいなぐらいのちいさな夢ぐらいしか思い浮かばなかった50代なんかうそのように、今は100歳までの時間が楽しみです。

1冊のお値段で3冊分

探しに探していた本が古本屋さんにあったとき、しかもそれが100円コーナーにあったときは本当に幸せを感じます。ちょっと前にはリフォームを考えていたので、外壁サイディングリフォームの本を見つけた時にはとても嬉しかったデス。最近見つけた本は、芸術家岡本太郎氏の「自分の中に毒を持て」という本です。一家で好きになった岡本太郎氏。作品はどれも印象的で一体どういう発想からこのようなインパクトのある作品が生まれるのかと、岡本太郎氏が考えていたことに興味を持ったのです。そこで、岡本太郎さんが残した言葉に触れたいと、たくさん本を探しました。中でも、自分の中に毒を持て、という本は、タイトルからして魅力的でした。しかし、自分が主婦という節約を余儀なくされる立場なので、アマゾンなどで気軽に購入することができませんでした。フリマサイトでみても、300円はすぐに売り切れ、なかなか手に入らなかったので、ダメ元で地元の古本屋さんに行ってみました。まさかね…という思いで100円コーナーに行ってみたところ、なんとそこに鎮座しているではありませんか。嬉しくなって手に取りました。ふと横を見ると、その続編と言われるものが2冊並んでいました。どうしようか…と悩みましたが、結局その場で3冊購入。定価で買えば1冊しかゲットできなかったけれど、同じ値段で3冊買えたのでなんだか得した気分でした。しかし、ダメですね、買って満足してしまうのが自分の悪い癖、並べてうっとりしています。本好きの人は好きな本に囲まれるとこれまた幸せを感じるものです。せっかく購入出来たので、ゆっくり楽しもうと思います。

我が家の大切な家族のワンちゃん、一緒に寄り添っていこうね。

我が家には12歳になる雑種のワンちゃんがいます。

以前飼っていたワンちゃんを病気で亡くし、もう2度と飼わない?と思っていました。

ですが、子供の頃からずっと飼っていたので家族も寂しいと溢すようになりました。

縁があって、捨て犬だったメス犬をもらうことになりました。

遠方から車で届けてくれることになり、待ち合わせの竹の塚の調剤薬局前で初対面。

ブルブル震えているワンちゃんを抱っこして自宅に戻りました。

家族の中でも私にベッタリで、お風呂屋トイレにもついてきます。

出てくるまで入り口の側でずっと待っています。

私の姿が見えないと家中探し回るし、寝るときは私の部屋で寝ます。

甘えん坊で、冬は寝ている私にぴったりくっついて離れません。

毎日一緒にお散歩して、無事に1日が終わるとほっとします。

体調が悪いときはやっぱり心配です。

今年、乳腺に腫瘍ができて手術しました。

無事に摘出しましたが、転移があります。

ワンちゃんの体を気づかいながらゴハンを作り、お薬を飲ませます。

食欲が落ちて痩せてしまい、心配でした。

最近、体調が安定していつもの食欲が戻り一安心。

ワンちゃん用のクッションですやすや寝ている顔を見ると癒されます。

やっぱり長生きしてほしいです。

当たり前の日常ですが、ワンちゃんが元気でいることが喜びでもあります。

ゴハンを食べてくれた、一人でお留守番ありがとう。

家族と一緒に穏やかに過ごしているワンちゃんを見ているとほっこりします。

我が家の小さな幸せはワンちゃんと過ごす日々です。

いつでも幸せはすぐそばに。

私が小さな幸せを感じるとき、それは当たり前と感じている事に対し改めて感謝の気持ちや嬉しい気持ちを感じたときです。普段、売店の売り子さんに丁寧に接客されるだけでも幸せを感じてしまいます。どんなときにそんなことを感じるのか、それは大切な人や愛する人が私のことを自分自身のことのように考え、心配してくれたり一緒に悩んでくれたり、また励ましたり支えてくれたり、そんな感情に対し小さな幸せを感じたりします。決してそれは特別なことではなく、大切な人や守りたい人がいる私たちに人間にとって、感情が芽生える以上当たり前だと感じてしまうと思います。なぜならあまりにそれは全てに置き近すぎる存在であるためです。ですがこの世界には当たり前なことなど一つもない。今身近にいる大切な人や愛しい人だって自分が選んで今の関係が存在してる訳ではない。そう感じると大袈裟かもしれませんがこのありがとうと言葉を交わせる事、そして感謝の気持ちを伝える相手とこうして出会えた事にふと小さな幸せを感じたりします。こうして出会うことができたから大切なものを貰うことが出来る。そして教えて貰うことが出来る。そんな些細なこと、そして身近な出来事に最近はよく感謝の気持ちが募ります。大切な人にメールや電話が出来る瞬間。昔からの仲間同士で久しぶりに集まり、あの頃と変わらない時間を過ごせたりすること、もう亡くなってしまった人をふと思い出したりすること、新しい出会いにより、自分自身が変わっていく瞬間を感じたとき等、心の中にある感謝の気持ちを感じている以上、その数だけ小さな幸せの数もこうして増えていくのだとこの文章を書いていて改めて感じました。ありがとうございました。

小さな小さな甘~い幸せ

私はアイスクリームが大好きで、若い頃から、いや、こどもの頃から毎日かかさずコツコツ食べ続けています。

池袋で処方箋薬局寄った帰り道にもアイスを買いました。

こどもたちが寝た後に一人でコーヒーを飲みながら食べるアイスクリームは、ほんとにほっとする幸せなひととき。今日も一日が無事に終わってよかったな~と感じる瞬間でもあります。

バニラ、チョコ、チョコミント、ラムレーズン…。今日のお楽しみのアイスは何味だったかなぁ~?!と考えただけで幸せな気持ちになります。

中でもピノは昔から大好きで、まれに入っている『ハート型のピノ』や『星形のピノ』を見つけた時は一人でニンマリしてしまいます。
ピノを持ち上げた瞬間にまれに見つけることのできる『四つ葉のクローバー』もたまりません!!
こどもたちもピノを食べる時は、フタを開けた瞬間から楽しそうにわぁきゃあ言っています。
ピノには幸せがつまっているな~。大人も子供も幸せな気持ちにできるなんて。考えてくれた人ありがとう。そんな気持ちでいつも頂いています。

ハーゲンダッツにも小さな幸せがつまっています。フタを開けた瞬間にアイスクリームにハート型のくぼみができているとラッキーというもの。贅沢アイスなのでなかなか食べることはできませんが、だからこそハートを見つけた時の喜びは何倍にもなるのかなぁ~。ちなみに私は残念ながら、まだキレイなハートに出会えたことがありません。いつか出会いたい!!

みんな知っているようなベタな幸せたちだけど、出会えると本当に幸せ。みんなもきっと同じように幸せを感じているんだろうな。

そんなこんなで、私はこれからも毎日楽しくアイスクリームを食べ続けていくのでしょう。

仕事帰りの小さな寄り道

私は千歳船橋 調剤薬局で平日17時定時勤務の事務員をやっています。
会社の最寄り駅から会社まで少し離れているので、駐輪場を借りて自転車で通っているのですが、季節が変わって行くと同時に17時定時ごろの空の色が変わって行くんです。
春から夏にかけては毎日どんどん日が長くなるなあと感じ、逆に秋から冬は17時でも自転車を灯火しないといけないぐらい暗くなるのが早いと感じます。
いちばん好きなのは10月頃、マジックアワーの空模様に当たれる時期です。
幻想的な夕焼けを見ると、今日は家帰ってから何をしようかな・寄り道しちゃおうかなとワクワクしたり、遠くの友達やおばあちゃんを思い出して少し切なくなったり、夕焼けを見て色んな感情が動くことに小さな幸せを感じます。
夏なら、ゲリラ豪雨が降った後の曇りと晴れが混じり合った空を見るのも好きです。
仕事はけして楽しいものでは無いので、帰り道の空模様で小さな幸せを感じつつ、最近は帰り道の寄り道にも小さな幸せを感じています。
美味しいタピオカミルクティーが飲めるお店が仕事からの帰り道にあるんです。
注文するのはだいたいいつも同じもので、サイズは一番小さいものを選ぶのですが、たまにすごく嬉しい気分の時や疲れたと思うときは大きなサイズを頼みます。それだけでも贅沢気分を味わえますよ。
そのお店にはポイントカードがあって一杯飲むごとに1つハンコを押してくれるのですが、結構ハンコが溜まって来てまして、最後まで集めると一杯無料で飲めるんです。もうすぐポイントカードが最後までたまるので、その時は一杯無料の幸せを味わいたいと思います。

家族からの魔法の言葉

私が感じる小さな幸せは
旦那さんや子供たちから「ありがとう」を
言われた時です。
昨日も旦那さんに渋谷処方箋薬局言ってくれて
ありがとうと言われてホッコリしました。
当たり前になっている事に
対して「ありがとう」を言ってもらうと
素直に嬉しいですしモチベーションも
上がります。
例えば当たり前に作ってるお弁当に
関しても「お弁当ありがとう。美味しかった。」
と言われると嬉しくてもっと美味しい
お弁当を作ろう!という気持ちになります。
なかなか慣れてきたり当たり前になると
「ありがとう」と伝える事も減ってきたり
する事もあると思います。
照れや恥ずかしさで「ありがとう」を
言えなかったりする事もあると思います。
私も心の中では「ありがとう」と思っていても
変なプライドや恥ずかしさが邪魔をして
言葉で「ありがとう」を伝える事が
出来なかったりする事も多々あります。
ですが当たり前の事に対しても「ありがとう」
を言い合えている家族は素敵だなぁと
思います。
言わなくても伝わる関係も
ありますがやはり言葉で言われると
嫌な気は全くしないしきちんと伝わるので
言葉で伝えてもらえると私は嬉しいです。
些細な事にも「ありがとう」と言い合えて
「ありがとう」を伝えられる相手がいる
という事は本当に幸せな事なんだろうな
と思います。
そして、「ありがとう」という言葉は
幸せを招く魔法の言葉だなと私は思います。
小さな幸せの積み重ねで大きな幸せにも
なりますし1個の「ありがとう」が沢山増えれば
大きな幸せに繋がるんじゃないかなと
思っています。
これが私の小さな幸せです。