朝食までの静かな幸せのひととき

朝、5時半起床し、まずは窓を開けると、鳥の声が聞こえて朝陽が差し込み始めます。一日の始まりを感じながら、朝食の用意を始めます。
具だくさんの野菜スープにナッツ入りヨーグルトとチーズにトースト.最後にコーヒーを入れて、できあがりです。
神棚の水を代えて、無事、朝を迎えられたことに感謝して、今日も良い一日であることを願い、心を落ち着かせます。深く深呼吸しながら、今ある静かな時間と健康である自分と自分の好きなメニューの食事がおいしく食べられることに小さな幸せを感じます
極々当たり前のこと、毎日の連続のことでありながら、子育ても終わり、日々の生活に、ゆとりが出てきたのか、何気ない日常の一コマに、幸せを感じることが多くなってきました。本当に、ありがたいことです。
人生100年時代、あと40年どうやって生きようか、まだまだやりたいことがたくさん浮かび上がってきます。イラスト依頼される仕事もやりたいし、趣味の枠も広げたい、健康でありたい、日々夢が広がるばかりです
過去は反省材料と経験を生かせるよう、常に前向きで無理をしないで、過ごしていきたいと、願って生活しています。
先ずは、朝食から。健康の元は何と言っても、食事から。これは子供のころから変わらない信条です
今日も無事に、一日が、終わりそうです
なんと幸せなことか。
自分の人生を自分を大事に、丁寧に生きていきたいです
東京オリンピックが見られたらいいなぐらいのちいさな夢ぐらいしか思い浮かばなかった50代なんかうそのように、今は100歳までの時間が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です